家具や家電製品の移動

何度も引っ越しを経験している我が家はこれまで一度も引っ越し屋さんのお世話になった事がありません。 大きな家具や電化製品を運ぶ段階にだけ、主人の仕事仲間さんや実家から人手を借りましたがそれ以外はほぼ、私と主人の2人だけでやりました。

家電製品の運び出しは主人の休みや実家の人手がある日などを考慮しながらうまく調節して事前に段取りを組み、その他の引っ越し準備はボチボチと始めて。 最後まで残しておいて欲しい家電製品であり、運び出しに人手が必要となる大型の冷蔵庫だけが最大の難所となりました。ですが、思ったよりも男手が3人あればすんなりと出来て驚きましたね〜。もちろん当の本人達は大変だったでしょうけど…。

それ以外の電化製品や家電は、使用頻度の低い物から徐々に自分達で新居なり、実家なりに運びました。 そしてだいたい引っ越しの1週間前くらいから電子レンジやダイニングテーブル、コタツにテレビなどの使用頻度の高い物も車に乗るだけ乗せて移動させ始めましたんですね。

直前まで残したのは冷蔵庫のみで、洗濯機も4〜5日前には移動したので洗濯物は近くのコインランドリーで済ませました。ほんの数日の辛抱ですからね。 春先でしたからクーラーもまだ必要無かったので早々に取り外してもらって移動しましたし。

当初は、荷造りや段ボール類の移動、掃除等は自分達でやって、大型の家電だけ引越し屋さんに頼むか?とも考えましたが、実際にはその必要もなかったですね。案外できるもんですね、自分達でも。

ちなみに、我が家の車は4WDタイプで小さくはない車種ではあったものの、荷物を運ぶのには適していない車だったんですよね。ですから大型の冷蔵庫と洗濯機を運ぶにあたっては1日軽トラックを借りました。

ある意味「この日に集荷に来ます!」と決まった日が設定されている訳では無かったので、地道な作業ではあったけれど、焦らずに進められたので気分的には楽だった気がします。

Copyright © 海外への引越し All rights reserved