壊れものは衣類をクッションに

引っ越しの荷造りの際、最も気を使うのが食器などの割れ物、壊れやすい物のパッキングですよね。我が家も何度か引っ越しする間に悲しくも壊してしまったものが結構ありますからね。 割れ物をパッキングする際に最も重要になるのは、いかに箱の中で物が動かない様に固定できるか、と言う事。個々を割れない様にエアーパッキンなどで梱包する事ももちろん効果的ですが、それよりも箱の中で出来る限り物が動かない様にする事の方がより重要なんですよね。

と言う事で我が家で割れ物や壊れ物をパッキングする時に欠かせないのがタオル類や衣類。 どの道荷造りしなければならないタオル類や衣類、必要な箇所に小出しして入れてもまとめて入れても同じ事。それならば、より効率的に入れましょう!と言う事で。 その際クッションとして使う事を考えて、普段使いの衣類や子ども用などクチャクチャにしても苦にならない衣類を選んだ方が無難です。

我が家の場合はまず、小さな小皿等、各小皿の間に新聞を挟みつつある程度の枚数で重ねます。そしてその重ねた状態のままエアーパッキンとガムテープで包んで固定します。 コレを基本として同じ位の高さの物をいくつも作って段ボールに入れて行きます。 出来るだけ横では無く立てに入れて行くとより割れにくくなるみたいですよ。

ここで注意!段ボールの一番底にはバスタオルや衣類などを敷いてクッションを作る事をお忘れなく。 そしてある程度並べ終わった所で隙間と言う隙間に衣類を詰め込んで動かない様にします。必要なら段ボールのサイズも調節した方がいいですね。できるだけ中身とピッタリの大きさになる様に。

同じ位の大きさの物は個別に包装して入れるよりも、新聞紙を挟んだ状態で重ねて包装し固定した方がより割れにくくなるみたいです。どちらも試してみてこれが一番でしたから。 ただし、食器に直接ガムテープを付けて固定する事は避けた方がいいです。 以前、エアーパッキンで包装する前の段階で重ねた小皿や大皿類を直接ガムテープで固定してから包装した事があります。もちろん割れはしなかったものの、その後テープをはがすのに往生しましたから…。

Copyright © 海外への引越し All rights reserved